新幹線の中で震えてます。恐怖で。

ついに!きました!きちゃいました!
今、東京行きの新幹線の中でこれを書いてます。
今日 東京の友だちの家に前泊して、明日ついにタイに行きます!

ついに私、飛び立ちます


きっかけがいつだったのかは、わかりません。
高校の世界史の授業だったのかもしれないし、大学の時に初めて行ったカナダかもしれない。
たぶん全部きっかけだったし、たぶん全部そうじゃなかった。

私、こんな子じゃなかった

昔は絵に描いたような優等生。同級生ウケは悪かったけど、先生・保護者の方からのウケは最高に良かったです。たぶん。笑
だんだん、成長するにつれてクラスの中の自分の立ち位置とかがわかるようになってくると、なによりも「嫌われたくない」って思いが強い子になっていきました。
「ひとりは嫌だ」「嫌われるのが怖い」って思ってた私ですが、今や「ひとりは楽」「嫌われてもしょーがない」って思うようになりました。おっとなー!笑

もちろんその後には「さみしい時もあるけど」とか「ほんとはちょっと悲しいけど」ってつくんですけども。

本当に行くのかなあ

って思ってました。なんなら今でもなんか信じられません。笑
カナダに1ヵ月留学して、また行きたい!って思った気持ちと、行けなかった気持ち、周りがどんどん留学に行く気持ちは忘れません。
「自分でお金貯めて行こう!」って決めて、就活しなかったあの勇気はどこから来てたんだろう、とも思います。笑
ネオンの街で働いてる時は「海外行くために貯めてる!」とは言ったけど、正直働いてる時は肉体的にも精神的にもギリギリだったのでそんなこと考える余裕もなかったです。笑
「とりあえず言っとこ」って感じだったけど、あの時、応援してくれた人には本当に感謝してます。私、夢 叶いそうだよ。うふ。

ただただ、怖い


そうは言っても、やっぱ怖い。怖いものは怖い。

「お前が子どもだったら、今頃ワクワクしてるよ」

と、昨日、兄から言われました。歯を磨きながら。笑
私、2個上の兄がいるんですけど、4年に1回くらいいいこと言うんですよね。笑
「そりゃ行ったことないとこ行くんだから怖いだろ」と。
「大人になるといろんなリスクが浮かんでくるから、怖いんだ」と。
「子どもだって怖いだろうけど、それ以上に興味があるからワクワクするんだ」と。

あっぱれ。はあ〜、そんなこと言えるようになったのね。ってひとりで関心しちゃいました。いつの間にか大人になった私から、二宮金次郎みたいだった子どもの私へ。大人になったらしいよ、だって怖いもん。笑

行けること自体が贅沢

まさか、大学卒業して就職しないとは思わなかった。笑
同窓会とかで、みんながちゃんと就職してるのがうらやましかったりもした。
私、こう見えてもオフィス街の高層ビルで働くOLにものすごい憧れがあるんです。笑
そういう話をしたら高校からの8年来の友だちに「あすかはOL似合わないよね」って言われたので、憧れだけで終わりそうな気がしますが。笑

ふらっと海外に行って、ふらっと帰ってくる。そういうことができるって贅沢だな、と思うようになりました。親は心配だと思います。ごめんね。私もこんな風に育つなんて思わなかったよ。笑

では、行ってきますん


子どもの頃の私へ。
あなたが思い描いてた大人にはなっていません。黒髪ロングヘアでもないし、宮崎あおいさんみたいな顔にもなっていません。脚が長くなるわけでもなく、彼氏もいません。残念!でもひとりで東南アジア回ろうとしちゃうくらいの勇気は持てるようになるよ。

ネオン時代の私へ。
きっと本気で行くとは思ってなかったけど、どうやら本当に行くようです。笑
今日どこで飲み行くか迷ってる場合ではありません。どうせ決まってるんだから。
こころも体も酷使してごめんね。でも泣くほど欲しかった時間が、もうちょっと頑張ったら余るほど手に入るよ。

ネオン時代のお客さんへ。
本当に行くことになっちゃった。笑
でもずっと言い続けてたから、ちゃんと行ってきます。ちゃんとするかはわかんないけど。笑
あの時、応援してくれてありがとう。支えてくれてありがとう。
実感ないけどあの時言ってた夢 叶いそうです。

東京まであとちょっとー!今日泊めてくれる子と3年ぶりに会うのでそれもドキドキだけど、盛大に送ってもらってきます!
その子の家から羽田空港 近いのに、調子に乗って成田から飛び立つ便にしてしまったので、かなり怒られたあすかでした。笑

じゃ!行ってきまーす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です