【タイ】英語に自信がないビビり女子がタイで予防接種した話

世界に旅に出たいけど、英語も自信ないし、ビビりなみなさん、こんにちは〜!!!
ビビりな女子 日本代表のあすかです!

今回はタイのスネークファームってとこで予防接種を受けてきました!
日本で受けるよりも格段に安くて、予防接種考えてる人は聞いたことあると思います。
でも「日本でも難しいのにタイで受けられるの?」「海外の病院で受けるって安全なの?」って思いますよね。私も思ってました。そしてビビってました。

そこで!今回はビビりだけど海外に行きたい!安全に安く予防接種を受けたい!って人にこの記事を贈ります!

ぶっちゃけ言いますね

私もネット見て行ったので、詳しくはそっちを見てください。笑
「タイ 予防接種」とか「タイ スネークファーム」って検索したら、いっぱい記事が出てきます。私もそれを漁るように読んで行きました。笑
正直、自分で行った時は、もう自分のことで精一杯で細かくまとめるほどの写真もありません!なので、「英語に自信がない人」「ビビりな人」にちょっとした注意点をお伝えします!

自分が受けたい予防接種を決める

「海外旅行 予防接種」で検索して、自分の行きたい国でどんな予防接種が必要か調べます。私は今回東南アジア中心なので「A型肝炎」「B型肝炎」「狂犬病」を受けるのを決めました。
ありがたいことに日本では小さい頃から予防接種の制度があるので、打ってあるものも結構あります!詳しくは母子手帳に書いてあると思うので、親御さんから見せてもらってください。

受けたい予防接種を英訳しましょう

ちなみにA型肝炎もB型肝炎も「Twinrix」です。2種混合みたいなかんじなので、1本で済みます。
狂犬病は「Speeda」だと思ってたけど、病院では「Rabies」ってなってました。
問診票で、今までに受けた予防接種のとこにチェックをつける欄があるので、自分が受けたことのある予防接種の英名も調べておくといいと思います。
ちなみにがんばって調べたのがこちら ▼

英名

日本名

Hepatitis A&B

A型・B型肝炎

HPV

子宮頸がん

Influenza

インフルエンザ

JE(live)

日本脳炎

MMR

麻疹・風疹・おたふく

Meningococcal

髄膜炎

Oral Cholera

コレラ

Pneumococcal

肺炎球菌

Polio

ポリオ

Rabies

狂犬病

TT/dT/Tdap

破傷風
Typhoid

腸チフス

Varicella

水ぼうそう

褒めてくれていいですよ!!!笑

持病、ありますか?

私、これ完全に忘れてました。実は喘息持ちなんです。
実際にスネークファームに行って、問診票に持病やアレルギーを書く欄があるんですが、その時に気付きました。薬も、タミフルと、喘息の発作が出た時に使うメプチンっていう吸入の薬がダメです。(血液検査でアレルギー反応が出ました)
なので、持病がある人、アレルギーがある人はそれも確認してください!できれば主治医に!
ちなみに喘息の英訳は「asthma」です。薬は日本で使われてるものと、海外で使われてるものは違う場合があるので、英訳された薬のページがあれば印刷したりスクショして持ってくといいと思います!

スネークファーム

位置はここです!

診療時間は平日は8時半から12時半までと、13時から16時半まで。
土日は午前中だけです。もしかしたら日曜は休みかもしれないので要確認です!

行ってきましたよ

タイの地下鉄(MRT)のSam Yan駅から歩いて10分くらい。外観が見えてきます。

噴水の裏側に行くとこんな感じの入り口があります。

で、入って左側に問診票を記入する机があります。

机の下のところに自分の名前とか、いろいろ書くところがあるんで書きます。英語で。
今までに打った予防接種にチェックつける欄もありますが、わかんなかったら、ちゃんと「わからない」って欄もあるんでそこにチェックします。
書き終わったら、振り返って番号札を取り、1番の部屋に入ります。ちなみにノックとかしなくていいです。笑

受付で、問診票とパスポート渡します。日本人が多く受けに来てるからだと思うけど、結構日本語話してくれます。「ハジメテデスカ?」って聞かれて、ちょっと待ってると20バーツ請求されますが、登録料?みたいなかんじなんで払ってください。次回以降はかかりません。
ちなみに私は住所を書き忘れて、おばちゃんに「ジューショ」って言われました。日本のやつ書いとけば大丈夫です。
終わったら書類とパスポート返されて、隣の部屋に行くように言われます。看護師さんがいるので、書類渡して血圧を測ります。測ってる間におでこにレーザーみたいなの当てられて体温を測られます。目の前にはヘビや虫のホルマリン漬け… 笑

なにを打つか決めましょう

測り終わったら、次の部屋に行くように言われます。廊下挟んで反対側です。入ると看護師さんがいるのでまた書類を渡します。

▲奥にいるのが看護師さん。2人いるけど、どっちに渡しても大丈夫でした。

すると、2番に入ってねって言われるので2番に行きます。

ここで、先生がいるので問診票を渡してなにを打つのか確認します。自分の旅のスタイルと相談して決めてくれます。簡単な英語なので、よく聞けば大丈夫です。「あ〜、喘息持ちなんだね〜」みたいなことを言われました。笑
「来年エジプトに行く予定なんですけど、黄熱病打ったほうがいいですか?」って聞いたらインフルエンザの方を勧められました。アフリカの内陸部は黄熱病打っといたほうがいいみたいです。
と、いうことで「A型B型肝炎」「狂犬病」「インフルエンザ」を受けることに!書類にハンコ押しながら何回も確認してくれるので安心です。

ワクチンを買う。自分で。

1回部屋を出て、入り口付近にある5番でワクチンを買ってこいと言われます。
5番にいるお姉さんに、さっきハンコ押してもらった紙を渡すといくらか計算してくれます。その間に後ろの方で別のお姉さんが冷蔵庫からワクチンをピックアップしてくれます。渡される時には名前を聞かれて確認してくれます。
ちなみにお会計は1950バーツ。

買ったらさっきの部屋に戻って、3番のブースへ。なんかめちゃくちゃテレビゲームうまそうな青年のところへ。
ここでも名前を確認されて、ベッドに座るように言われます。「コワイ?」とか聞かれます。笑 「コワーイ(´・ω・`)」って言うと「コレ、イターイヨ」と言われます。煽らないでくれ。
肝炎の時は「エーガタ、ビーガタ」が通じます。左腕に打ってもらった瞬間、めちゃくちゃ腕が重くなりじわじわ痛くなり軽くパニック。「ペイン、ペイン」って訴えると「そうそう、痛いんだよ〜」って感じで言われます。肝炎を受ける皆さま、打った瞬間から痛いけどそういうもんです。笑
狂犬病はそうでもなく、右腕にインフルエンザ打ってもらって終了。針の使い回しもなく、軽快なテンポで打ってくれます。あとエーガタ、ビーガタは通じます。笑

終わってまた看護師さんのところに行くと、カードがもらえます。

次、いつ、なにを打ちに来るのか書いてあります。予防接種の効果についての紙ももらえます。AB肝炎と狂犬病の紙は日本語でした。

で、副作用が出ないかどうか15分くらい待ってるように言われるのでこころ穏やかに待ちます。

なにもなければ15分後、そのまま出ても大丈夫です。

お疲れさまでした〜!

ただでさえ慣れない病院に、慣れない英語で行くなんて考えられませんでした。笑
でもちゃんと自分が受けたいものを調べて行けば大丈夫です!わかんなかったら聞けばいいし、部屋の番号もちゃんと教えてくれます。聞き取りやすいし。

ちなみに、1日に打てる予防接種は4本までです。行く国と、次 打つまでの期間をよく確認して計画的に打ちましょう!打った日と、次の日くらいはのんびり過ごしてた方がよさそうです。若干 腕腫れるので痛いし。
英語が苦手な人も大丈夫!母国語じゃないんだから、うまくしゃべれないって向こうもわかってます!笑
怖かったり、うまく話せなくて恥ずかしいかもしれないけど、予防接種で防げる病気で死んじゃう方が怖いですよ!!!

明後日に狂犬病の2回目に行ってきます!今度はあたふたせず、スムーズに打ってきたいと思います!それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です