【カンボジア】初めての海外年越しで思ったこと

あけましておめでとうございます!

あけましたー!2019年!平成最後の年越しは、初の海外年越し!
正直カンボジアに来た時は不安すぎたし、ホステルに着くまでが大変でこころから日本に帰りたかったけど、今ではもう離れたくありません。笑
今日は近況報告も兼ねて、どんな生活をしているのか、なに考えているのかを書きたいと思います。

目的がない旅の行方

とにかく必死な毎日


そもそも「旅の目的」ってのがなかった私。ただ行ってみたい!っていう勢いのままタイに降り立ちました。着いた当初は「どこ行こう?」「なにしよう?」って考えで頭がいっぱいでした。それでも行ってみたいと思ったところには行きました。それで自信もついたりしました。でもタイ滞在の後半くらいから気付けば「どこか行かなきゃ」「なんかしなきゃ」って考えになっていきました。「せっかく来てるんだからもったいない!」って思ってたんです。

「あれ?こっちにいる意味ある?」


「なにかしなきゃ!」って考えると逆に身動きが取れなくなりました。そもそも「何かしなきゃ」って考えてうまくいった試しがないのに。その時に気付きました。

「あ、これ日本にいる時と一緒じゃん」と。

自分で自分を追い詰めて、息苦しくなる症候群。こっちに来ても抜けませんでした。笑
海外に出ても生き急ぐ自分がおかしくもあり、悲しくもあり…
でも、また新しい刺激が欲しくて初の陸路での国境越えを目指してカンボジアに向かいました。

本当に帰りたい


バンコクからバスで約9時間。カンボジアのシェリムアップに到着しました。
辺りは真っ暗。街灯もお店もほとんどない。外では待ち受けるトゥクトゥクドライバーたち。たまたま一緒にバスに乗り合わせた日本人男性と、ぼったくりを回避しつつ、ホステルに着きました。移動の疲労と、なかなか聞き取れないし、通じない英語。しつこいぼったくりにうんざりして、初日の出をアンコールワットで見るというカンボジア唯一の目的も忘れて、初めてこころから日本に帰りたいと思いました。

カンボジアで得たもの

Just relax


カンボジアに来てから「なにもしない」をできるようになりました。
それはホステルで出会った2人の男性のおかげです。1人目はニュージーランド出身のイマ。えげつない長さのまつげと、青い瞳がきれいなナイスガイです。イマは私が疲労困憊でホステルに着いた時、ビールをおごってくれました。笑 それからもタバコが安い場所を教えてくれたり、ごはんに誘ってくれたりするナイスガイです。とにかくナイスガイ。
2人目はブラジル出身のセルソー。さっき年齢を知ったんですが36歳らしいです。こちらもまつげの長さがえげつなくて、元カノの人数がハンパないです。笑 イマのつながりで仲良くなりました。ちなみにこの2人と一緒に年越ししました。笑
この2人、めちゃくちゃ優しいし、めちゃくちゃ自由です。「今日なにしてたの?」って聞くとだいたい「Just relax」って返ってきます。笑
そんな2人を見てたら、無理してどこかに行こうとか、なにかしようって自分がバカバカしくなってきました。笑
それから私もすきな時に起きて、すきな時にごはん食べて、すきな時に話したい人と話してます。「今日なにしてたの?」って聞かれたら「Just relax」って答えてますよ!笑

目的がなくてもいい

最近こう思えるようになりました。ただ、来たいから、って理由で来れた自分を肯定できるようになりました。むしろ「なにもしないこと」を目的にしてやろうかとも思ってます。笑
大学時代ストレスで鼻血が止まらなかった日、ネオン時代 常につきまとっていた息苦しさ、「就職は?」と聞かれるわずらわしさ、「女は簡単に稼げていいよな」という偏見。
そういうものから逃げるように出国してきた私は、今やっと自分自身と向き合えている気がします。
日本では全然自信が持てなかった私も、ひとりで飛行機に乗り、SIMを買い、英語が通じるのかわからないままごはんを食べに行き、「英語あんまわかんないけどよろしく!」って友だちをつくれるようになりました。生きてる、って思えてるだけで満足です、今のところ。笑

旅を続けたい


先述のイマは、各地で英語を教えたりしながら、もう何年も旅をしているらしいです。
セルソーも、明日からベトナムに行って英語とポルトガル語?を教えるらしいです。
「アスカも、ブラジルに来れば?日本語講師の仕事あるよ」なんて言われました。笑
彼らの生き方を見て、一緒に過ごしていると、こころから羨ましいなって思います。私もそうなりたいと思います。今はまだ、そんな生き方ができるのか半信半疑ですが、夕方の涼しい風に吹かれながらプールサイドでこれを書いてる時間がずっと続けばいいのにな、って思います。

まとめ

旅に出てから、いろんな人と出会いました。なぜか一言も話してないのに「日本人?」と聞かれます。笑
バンコクのホステルでタバコを吸っていると、ステキなおじさまが話しかけてくれて「ひとりで旅してるの!?本当に日本人?」って言われて会話が盛り上がりました。「勇気あるね!」って言ってくれ、まだ旅を続けることを伝えると

「Have a brave, Don’t be afraid,but be careful」

ってステキなことばをくれました。このことばを胸に、これからの旅も楽しんでいこうと思います。明日からベトナムです。また陸路で国境越えしようかと思ったけど、めちゃくちゃ大変らしいので飛行機で移動したいと思います。笑
またゆっくり更新します!気長にお待ちくださいませ〜〜〜!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です