【タイ→カンボジア】バスの予約方法!バスチケの受け取り方!

こんにちは!タイのバンコクから、カンボジアのシェムリアップまで、初の陸路国境越えを果たしたあすかです!実際にバスに乗ってからカンボジア入国までの笑いあり、涙ありの話はこちら ▼

今回はバスの予約方法と、バスチケットの受け取りまでを書きたいと思います!
陸路国境越えをしたいけど英語に自信がないビビり系トラベラーのこころの支えになるようにがんばって書きます!

バスの予約方法

Thai Ticket Majorに登録

最初にサイトへの登録が必要になります。登録画面はこちら
当たり前なんだけど、さっそく登場する英語にこころが折れる…
と、いうことでこんなかんじで入力してください!

赤い*は必須項目です。いちばん下の固定電話のところは書かなくても大丈夫です。
名前やパスポート番号は、パスポートに載ってるまま書いてください。


記入し終わった後、下の方にこんな感じで続いてるんですけど記入しなくていいです。
チェックだけ入れて、アルファベットと数字の暗号化キーみたいなのを打ち込んだらオレンジ色のSubmitボタンを押してください。
これで登録は完了です!わお!意外と簡単!あすかができるわけですね!笑

日程を決める

登録が完了したらトップページ戻ってTRANSPORTATIONのボタンを押します。

そうするとこんな画面が出てきます。

さらにこれを押して行きたい日や時間にバスがあるか調べます。バスの座席も選べます。

バスは8時と9時の2本。所要時間は8時間って書いてあるけど、わたしは9時間かかりました。辺りは真っ暗でめちゃくちゃ不安だったので、早起きが得意な人は8時の方がいいと思います。バスの乗り場はチャトゥチャックマーケットの近くのモーチットバスターミナルです。

タイの朝の渋滞はえげつないです。グーグルマップで20分って書いてあったけど、1時間くらいかかったので早めに!行った方がいいと思います。

料金はクレジットカードでも払えます!が、ネットからだと手数料がかかって最終的に793バーツになりました。

時間に余裕がある人はモーチットのバスターミナルに行って、直接カウンターで買うっていう方がいいかもしれません。

チケットの受け取り

チケットの購入が完了すると、登録したメールアドレスにメールが送られてきます。
そこにEチケットが添付されているので、印刷できる人は印刷してそれを持っていけばバスに乗れます。そうじゃない人はThai Ticket Majorの支店まで行って、チケットを受け取る必要があります。
ちなみにチケットが受け取れる支店はこちらから確認できます。

いざ、チケットを取りに

わたしは泊まってるホステルが近かったので、Central Chidlomで取りました。

BTSのChit Lom駅から直結です!

そうです、右の違うショッピングセンターでしばらくさまよったのはわたしです。笑
左に曲がると、フツーにデパートです。しかもクリスマスの次の日に行ったので、そこそこ混んでたし、かなりキラキラ空間でした。笑

見つからないチケットセンター

3階にあるってことだったので、3階まで上がってチケットセンターを探します。
しかし… ない!?全く見つかりません。実は、チケットセンターは隅の隅にポツンとあります。お寿司屋さん?を背にしてまっすぐ歩くと、

あります!!!受付のおばちゃんがヒマそうにスマホをいじっているので、声をかけてメールで送られてきた添付ファイルを見せると発券してくれました。


受け取るときに決済したクレジットカードの提示を求められるので忘れずに持って行きましょうね!
あとは、これを持ってバスに乗るだけです!ほら、わたしでもできるわけです。笑

バスを降りてから

ちょっと余談になりますが、無事にバスに乗って、涙の入国を果たしシェリムアップに着いたわたしですが、たった1キロくらい先のホステルに着くまでにいろいろあったので、それも書いておきます。

日本語 vs 英語

バスを降りるとそこにはトゥクトゥクドライバーたちの出待ちが。
運良くバスの中で日本人男性(以下、お兄さん)と知り合ったわたしは、割り勘で近くまで送ってもらおうと思い運ちゃんと交渉。すると近付いてくる不審な影。

怪しいおっさん
ドコ行クノ〜?ワタシ、ニホンゴ、シャベレルヨ〜

怪しい怪しすぎる。無視して運ちゃんと交渉しててもガンガン入ってくる。

怪しいおっさん
アシタ、観光シタラ、タクシー、ムリョー
わたし
それ、タクシーだけだったらいくら?
怪しいおっさん
ノーノー、アシタ!観光スルダッタラ、ムリョー
わたし
Well, how much ONLY taxi?
怪しいおっさん
日本語デ、ダイジョブ

全く大丈夫ではない

海外で聞く怪しげな日本語ほど怖いものはない。結局ずーーーっとこんな感じ。どうやら次の日にトゥクトゥクをチャーターして観光したら、ホテルまでのタクシー代がタダになるらしい。いや、観光じゃなくてただ、ホテルまで行きたいだけなんだけど…

ぼったくりじゃねえか!!!

どんどん過ぎていく時間。募る空腹。進まない会話。そして語気が強まる私。
一緒にいたお兄さんが「俺、明日観光するからいいよ」って言ってくれたのでやっと乗り込む。その間もずっと怪しげな日本語で話される。
途中でSIMを買いたかったので一旦降りると、お兄さんに観光の提案をしてる。お兄さんは日本人宿で相場を聞いてから決めるって言ってるのに引かないおじさん。周りを見ると、そこそこ人がいて歩いても行けそうだったのでお兄さんと降りることを決意。
「観光しないからタクシー代ここまででいくら?」って聞くと、なんて言ったと思います?

$10

Paaaaardooooonnnn!!!???

ぼったくりじゃねえか!!!

お兄さんとめちゃくちゃ抗議して、最後は投げつけるように払いました。払ってしまいました。だって早く宿に行きたかったんだもん…

おまけの話


その後、なんとかホステルにたどり着いたわたし。もう悔しいやら、情けないやら、腹立たしいやらで、めちゃくちゃ疲れてました。
なんとかチェックインを済ませると、スタッフが「観光したかったらツアーあるから言ってね」と声をかけてくれました。カンボジアでの目的は「初日の出をアンコールワットで見る」ことだったので、それを伝えるとすぐ予約を取ってくれました。めちゃくちゃ疲れてたのに、なぜか英語もわかるし話せた。笑 人は極限になるとなんとかなるものですね。笑
そのあとは、わたしのベッドに掛け布団とバスタオルがなかったりしましたが、ナイスガイが持ってきてくれて、さらにシーツを剥がしてベッド周りを囲って目隠しをつくってくれたりして、ささくれだったこころが一気に浄化されました。笑

カンボジアでわたしを救ってくれたナイスガイたちのお話はこちら ▼

まとめ

タイのバンコクから、カンボジアのシェムリアップまでのバスの予約方法とバスチケの取り方でした!わたしでもできたので、誰でもできると思います!ほんとに!
ただ、ビザと、バスを降りたときのぼったくりにだけは要注意です。シェムリアップのナイトマーケットとか、パブストリートの近くのホステルだったらバスを降りてから$1くらいが相場です。ごはんも$1くらいで食べられるのに、$10ってなんなんでしょうね。。。笑 もちろんいいドライバーさんもいるので、安心してくださいね!

英語が苦手でも国境は超えれる!を実感したバス旅でした!
みなさんが無事に国境を超えられることを願ってます!それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です