ビビり女子が海外で1ヵ月生活してみて

こんにちは!今日で東南アジアに来て1ヵ月が経ちました!
数年前は、まさか海外で年越しするなんて思ってなかったし、
数ヵ月前は、まさか本当に来るなんて思わなかったし、
1ヵ月前は、まさかそれなりにエンジョイできてるなんて思いませんでした。笑

今日は1ヵ月を振り返ってのいろいろと、みんな気になる(?)あれこれについて書きたいと思います!

ビビり女子が1ヵ月で変わったこと

1ヵ月前のわたし

1ヵ月の変化を書く前に、ちょっと1ヵ月前を振り返ってみます。
ずっと行きたかった海外放浪。でも1ヵ月前のわたしのこころの中はドン曇り。
なぜかって?怖かったんです、とにかく
「ひとりで大丈夫なのか?」「英語は通じるのか?」「ごはんは困らないのか?」「洗濯はどうしたらいいのか?」などなど。タイに向かう飛行機に乗る直前に「どうしてもダメだったら、帰ってきていい?」と半泣きで電話もしました。笑
行きたくないわけじゃなかったんです。ただ、旅の目的すら決まってなかったので「せっかく行くんだからちゃんとしなきゃ!」って思ってたんです。「ちゃんと英語を話して」、「ちゃんと生活して」、「ちゃんと楽しまなきゃ」って、誰も頼んでないのに勝手に自分にプレッシャーをかけてました。

「日本人」ってことを自覚した


1ヵ月でタイ・カンボジア・ベトナムと回ってきましたが、毎回入国はドキドキ。でもカンボジア以外はビザなしで入国できたことや、入国審査でもほとんどなにも聞かれないまま通されることを通じて、国際社会においての日本という国の大きさを実感しています。今のところ「日本人であるから」っていう理由で嫌な思いをしたこともありません。
ただ「金持ち」とか「日本人女性は軽い」って思われてるのも事実です。ひとりで旅してるせいもあるのか「親が金持ちなんだろ?」って言われたこともあります。サンドイッチのハムより薄い「I love you」を囁いてくる人もいます。笑
警戒するに越したことはないけど、警戒しすぎて誰とも関わらないのはさみしいです。だから自分の身は自分で守りつつ、出会った人との交流をたのしんでます。

英語で話す難しさ


4年くらい前にカナダに1ヵ月留学したときに、「あれ、これってどう言えばいいんだろう…」って頭の中で考えてばっかりで単語すら口から出てこなかった悔しさはずっと忘れれいません。
ただ「伝わるかな」って不安になったら、やっぱり口から出てこない。口に出すのが怖くなるときがあります。聞き取りも同じです。正直ほとんど聞き取れないことが多いです。会話する時は聞き取りにも集中して、自分の言葉を英語に変換するのも頭を使うので、頭の中を英語がぐるぐる回って寝れなかった時もあります。笑 たまに夢も英語でみます。笑
「今までなにやってきたんだろう」って落ち込むけど、1ヵ月で「開き直る」ってことを覚えました。「英語苦手なんだ」って言うと大体「Don’t worry」って言われます。だからそれに甘える。他の人の英語もそれぞれ訛りがあります。でも誰も気にしてない。だからわたしも気にしない。「聞き取ってくれや」くらいの気持ちでいたら気楽に話せます。笑 何回も聞き返されるけど、わたしの方が聞き返してるし、RとLの発音をちょっと意識したら聞き取ってもらえることが多いです。

あれこれ答えます!

さみしくないの?


たまに、って感じです。困ることって言えばごはんのときと、写真を撮るとき。わたし、ビビりなので異国の地でひとりでごはん食べるのはちょっと勇気がいります。笑 でもこれも慣れちゃえばなんてことないです。笑 
ただ、写真撮るときだけは困る!ひとりだし、自撮り棒も持ってこなかったので、自分の写真が撮れないんです… 泣 知らない人にiPhone預けるのもなんとなく怖いし… ツアーとかで観光に行ったときは撮ってもらうんですけど、景色と食べ物だけでカメラロールが埋まっていくのはちょっとさみしかったりもします。笑

たのしいの?怖くないの?

正直言います。めちゃくちゃたのしいです。でもめちゃくちゃ怖いです。ビビりなので… 笑
たのしいって感じるときは、自分がずっとやりたかった生活ができてるって感じた時。ちょっと遅く起きて、近所のカフェにコーヒー飲みに行って、ブログ書いて、ねむくなったら寝る、みたいな。あとは行ってみたかった場所とかに自分で行けたときの達成感を感じた時とか。アクティブな人からしたら「それのどこがたのしいんじゃー!?」って思うかもしれないけど、笑 わたしはわたしなりに楽しんでます。
怖いって思うときは大体 不安なとき。「英語通じるかな」とか「襲われたりしないかな」とか。でも夜道をひとりで歩かない、大量の現金を持ち歩かない、っていう基本的なことを守ればあんまり危険は感じません。
ただ、マリファナをよく勧められます。笑 合法な国もあるので、たまに喫煙所からマリファナのにおいがすることもあります。仲良くなると「吸う?」ってナチュラルに言われます。でもそこは「NOOOOO!!!」って断ります。「タバコの方が害あるよ」とも言われるけど、そこは絶対やらないって決めてます。
みんな、気をつけようね。わたしもザック・エフロンばりのイケメンに勧められたら気持ちは動くと思うけど、絶対やりません。笑

出会いってあるの?


みんな気になる(?)出会いについて。正直言います、あることはあります
でもさっきも書いたけど「日本人だから」言い寄ってくる人も多いです。NOって言えない国民性だったり、お金を狙われているときもあります。悲しいけど。もちろん、そんな人ばっかりじゃなくて いい人もいます。ただ、わたしの英語力が追いつかないのでfriend止まりです。笑
ちなみに今いるベトナムでは日本人女子はめちゃくちゃモテます。まじで。聞いたら「西洋の家に住んで、中華料理を食べて、日本人の奥さんをもらう」のがベトナム人男性にとって最高のしあわせらしいです。笑 ホステルのスタッフに「日本語でboyfriendってなんて言うの?」って聞かれて「彼氏だよ、か、れ、し」って教えたら次の日からわたしの彼氏を名乗りだしました。たまにタバコくれたり、コーヒーおごってくれます。久しぶりに「顔がタイプだなあ」と思える優しいわたしの彼氏(仮)。「あすかに会いたくて早く出勤してきちゃったよ〜」なんて言ってたら、たまたまお客さんが多くなって入り時間より早く働くことになった彼氏(仮)。笑
まあ、既婚者なんですけどね。笑 スマホの待受はかわいい子どもの写真。ベトナム人男性は家族を大事にするんじゃないんですかー!?笑 咳をしてもひとり、じゃなくて、日本を出ても愛人顔… 旅のエピソードとしては満点なんですけどね… 笑

まとめ


1ヵ月経った感想は「なんとかなるな」です。笑
ひとりでも大丈夫だし、英語もなんとなくわかるし、ごはんは全く困らないし(味的な意味で)、洗濯はホステルか近くのランドリーに持ってけばめちゃくちゃきれいになって返ってきます。

ただ、1ヵ月でタイ・カンボジア・ベトナムと回っているので、ちょっと慌ただしいような気もします。ゆっくりしてたらしてたで新しい刺激が欲しくなっちゃうんですけど、笑 もうちょっとのんびり回ってもいいのかな、って思ってます。

とにもかくにも、無事に1ヵ月を迎えることができました。いろんな人のおかげで旅が続けられていることに感謝しながら、2ヵ月目もたのしみまーす!それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です