【カンボジア】過酷!?アンコール遺跡群を巡る!

こんにちは!1月も もう後半になっているのに、今さら元旦のことを書こうとしています w
実はハノイで書き始めていたんですけど、このころからパソコンとiPhone同期しない問題が始まってまして… なぜかアンコール遺跡群の写真だけ読み込まない… 笑
なんとか読み込めたみたいなんで読み込めた写真だけで、アンコール遺跡群を紹介したいと思います!

大晦日から初日の出までの記事はこちら ▼

アンコール遺跡群ツアー

アンコールワット

無事に初日の出を見届けた半袖3人組。しばしアンコールワットを散策します。

▲近付くとこんなかんじ。意外と大きい。

▲上の方に柵が付いてるのわかりますか?
ここまで登れるみたいなんですが30分待ちだったのでスルー。笑

▲裏の方までぐるっと回れます。
仏像もあって、オレンジ色の袈裟?法衣?を着たお坊さんがお経唱えてたりします

▲すっかり日が昇ったアンコールワット。
朝は寒かったけど、日が昇ってくるとじわじわ暑くなってきます…

アンコール・トム


アンコールワットからトゥクトゥクに乗ってしばらく走ると、アンコール・トムがあります。
顔の彫刻が施された寺院の遺跡なんですが、世界史の教科書で見たことある人も多いはず!見た記憶があります、たぶん。笑

▲ほんとに顔が彫られてるー!!!
1000年以上も前に彫られたのが残ってるってすごいことですよね!

▲どこを見ても顔。でも微笑んでくれてるようにも見える…

そして元旦だというのに人が多い!「元旦になにやってんねん!」って思ったけど、うちらもそのうちのひとりでした。笑
ちなみにこの辺からほんとに暑くなってきて、体力をガンガン削られていきました。笑

パブーオン


これもなんか世界史の教科書で見たことある気がする… でも気がするだけ… いかに授業を受けてないかが露呈してる気がするけど、とりあえず行ってみよう!笑

▲近付いていくとこんなかんじ。ピラミッド型になってて、周りをぐるっと回れます。

ちなみにここ、登れます。

ただ、めちゃくちゃ急です。階段なんですけど、思わず命の危険を感じました。笑

▲登って周りを囲む回廊はこんなかんじ。
いちばん上まで登る頃にはヘトヘト…

ちなみにこの遺跡のすぐ近くにはかつての王宮跡があります。周りを囲んでた城壁みたいなやつしか残ってないけど。

▲象の彫刻が施された壁と、ながーく続く道的なもの。
さすがにここを歩く元気はなく見るだけ。笑

タ・ケウ


これを作っている途中に王様が急死してしまい、そのまま放置された遺跡、らしい。

▲こんなかんじの壁にぐるっと囲まれてる

そしてわたしたちの目の前に現れたのが…

これを登るんですか???

中学生くらいの男の子たちが競争するような勢いで登っていくのを、若干白目を剥きながら眺める半袖3人組… 「どうする?登る?」「え、登りたい?」「登るか!」みたいなやりとりの末、登りましたよ!というか這い上がった!笑

▲急すぎる!!!
でも紳士的なコリアンボーイズがエスコートしてくれたおかげでなんとか這い上がれました。笑

▲途中で建設が中止されたのもあって、装飾とかはほぼなし

登りきったところに仏像がありました。

そして、登ったら下りなきゃいけないんですよね…

怖すぎいいい!!!
これつくった人なに考えてたんだろ…ってくらい階段の幅も狭い!一歩一歩確かめながら、エスコートしてもらいながら下りて無事生還。

そしてカウントダウンからほぼ寝てない半袖3人組。朝の寒さから一転、容赦なく降り注ぐカンボジアの太陽。そしてアップダウンが激しい遺跡群にガンガン体力をもっていかれる。まさに「もうやだ帰りたい」状態。と、いうかこの遺跡の後に帰れると思ってました。

タ・プローム

タ・ケウからトゥクトゥクの運ちゃんのとこに戻って「やっと帰れる〜!寝れる〜!」ってなってたら、あるところでトゥクトゥクが止まります。

いや、まだあるんかーーーい!!!

半ばやけくそで通路らしきところを進む。

▲歩けども、歩けども、寺らしきものが見えてこない…

▲やっと見えてきたー!

ここは遺跡が木の根っこに侵食されていて、あまり補修もされてないので崩れている箇所も多くある遺跡でした。形あるものの儚さと、自然の力強さを感じることができます。なんかジブリ映画のラピュタみたい、って思ったけどここが舞台だったりするの?教えて詳しい人。

中の方に入っていくと、結構広くていろんな塔も残ってます。観光客がものすごくいっぱいいて入ってないけど、あちこちから日本語と韓国語のガイドが聞こえてくるので、お互い聞こえた情報を英語で共有。笑

▲中に入って音を鳴らすと響くらしいですよ!行った方は入ってみてください!

▲壁のレリーフが細かくてめっちゃきれい!

アンコール遺跡群ってどう?


体力と気力の限界を感じたアンコール遺跡群巡り。実際行ってみての感想と注意点を教えます!

1日券でも結構回れる!

カンボジアについてから、なぜか観光する気が起きなかったわたし。笑
そもそもカンボジアに行った目的が「アンコールワットで初日の出見たらなんかいい年になりそうじゃない?」っていうノリと勢いでした。笑
なのでチケットも1日券を買ったんですが、スモールツアーと呼ばれる規模のツアーでもこんだけ回ってもらえたし、有名なところも行けたので満足です。
遺跡が好き!とか、もっといっぱい見たい!って人は3日券や7日券を買ってゆっくり回ってもいいかもです。私みたいにノリと勢いの人は1日券でも十分満足します。笑

体力と要相談!

正直、寝不足で行くところではないです。笑
サンライズ見たい人はどうしても早起きしなきゃいけないんですが、ぶっ通しで起きてて遺跡巡りはめちゃくちゃしんどかったです
段差も多いし、階段もめちゃくちゃ急なので、ここは本当に自分の体力と相談してください。もう1回言います。めちゃくちゃしんどかったです
服装も露出多めだと入れなかったりするし焼けます。あと、トゥクトゥクで走ってると目に容赦なく土ボコリが入ってきます。喉もやられます。仏様もびっくりなほど極細な私の目にも入ってきたので、ぱっちりお目目のかわいこちゃんたちはちゃんとサングラスしましょうね。マスクも忘れないようにね。ビューラーでまつ毛じゃなくて、まぶたの肉を挟んじゃうあすかとの約束だぞ!笑

まとめ

元旦からすでに今年の目標「アンコールワットで初日の出を見る」を達成しちゃいました〜!実際行ってみたら、朝は寒いし、目と喉はやられるし、体力的にしんどかったけど、これも行ってみなきゃわかんなかったことなので満足!

MacとiPhoneが同期してくれなくて、正直途中でパソコンぶん投げそうになるくらいイライラしました。笑 これからアンコール遺跡群に行く人の役に立ったらうれしいです。笑

今日はホステルで出会ったセルビアのナイスガイと、ナイトクラブに繰り出してきます。うふ。日本にも住んでたことがあるみたいで、昼間は大相撲の話題で盛り上がってます。笑
今いるホステル、24時間コーヒーが飲み放題なのでコーヒー飲みながら優雅な更新でした!それでは〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です