【ラオス】ラオスってどんな国?ワッタイ国際空港のあれこれ徹底解明!

こんにちは!昨日ラオスに初上陸しました、ビビり系女子のあすかです!
正直ラオスがどんなところか全く想像してなかったし、
タイの出国期限とベトナムの再入国期限を考えて
「ちょっとラオスでも行こうかな」って感じで来たので未だによくわかっていません。笑

でも直感だけど、ラオスはいいとこだと思います。
今日はラオスについて、と、空港から市内までの行き方を紹介します!

ラオスってどんな国?

ラオスの位置について


ラオスはタイとベトナムに挟まれて、北に中国、南にカンボジアがあります。
今わたしはラオスの首都、ビエンチャンに来ていますが暑い!なんといっても暑い!
でも湿っぽい暑さではないので、個人的にはタイの方が暑かった気がします。
昼間は35度を超え、風が吹いてもその風も暑い。笑
夜10時半の今でさえ26度です。でも涼しく感じる。笑

言語について


ラオスの言語はラオ語です。タイ語に似てる感じがします。
こんにちはは、サバイディー(タイ語はサワディーカー or サワディークラップ)
ありがとうは、コッブチャイ(タイ語はコップンカー or コップンクラップ)
ベトナムで「現地の言葉をしゃべるのがいちばんのコミュニケーション」と
いうことを学んだので、こんにちはとありがとうは現地の言葉を覚えていきます!
声調もあるから難しいけど、こんにちはとありがとうだけは伝わります!

日本との関係について


実は、日本とラオスって密接な関係らしいのです。知らなかった…
それを知ることになったのが空港。日本とラオスの国旗が描かれた碑があったんです。
そのときはスルーしちゃったけど、後から気になって調べてみたら
日本はラオスに世界最大の経済・技術援助国だったんです。
ビエンチャンにあるワッタイ国際空港のターミナル拡大工事も日本の援助で
行われたため、いろんなところに日本とラオスの国旗が描かれた碑が建ってます。

あと、偶然かもしれないんですけど、イミグレに並んでる時、2つ前の欧米の
おばちゃんがめちゃくちゃ時間かかってたんです。(たぶんビザの関係)
で、前のアジア系のビジネスマンチックなお兄さんも何個か質問されてて
「今までイミグレで質問されたことないけど、ついにそのときが…!」って
覚悟してたんです。しかし、結果的にはパスポート渡して入国カードチラ見して
スタンプ押されて通過。日本てすごい。日本のパスポートってすごい。

空港から市内まで

まずは入国カード

▲横長の出入国カード。ふつーに紙。ペラペラ。笑

タイのドンムアン空港から、ラオスのワッタイ国際空港まで飛びました!
めちゃくちゃねむかったので約1時間のフライトでも寝ようと思って
窓にもたれてたらCAさんに「Excuse me」と言われ、隣の席のカップルから
入国カードを回してもらいました。笑

▲書き方はこんなかんじ。
日本のパスポートだと、残存期間が6ヵ月以上あって、観光目的の15日間以内の
滞在だったらビザはいりません。

イミグレで入国カードは持ってかれるので、出国カードをなくさないように
気をつけてくださいね!わたしはたまにふと不安になるので滞在中何回か確認します。笑

ATMで現地通貨を引き出す

まず降り立ってからの感想。ちっちゃい。
すごくこじんまりとした空港で、人もあんまりいない。
外にはのどかな風景が広がってタクシーの客引きもほぼいない。

とりあえずわたしは空路で国境を超えたときにまず現地通貨を引き出します。
と、いうことでATM探し。ちっちゃな空港なのですぐ見つかります。

▲取引が完了すると先にカードが返ってきます!
お札を取り忘れないように!

SIMカードを買う

イミグレを通過して、預け荷物を回収して外に出ると
こんなかんじのカウンターがあります。

どうやら携帯会社は2社らしい。どっちも同じくらいだったので
今回はLAO TELECOMにしました。

▲料金はこんなかんじ

▲紫の制服のラオテレコムのお姉さん。

何日滞在する予定か伝えればプランを勧めてくれます。
7日間SIMにしてトップアップすることも考えたんですが、
結局30日間5GBのSIMで60,000キープでした。日本円で400円くらい?かな。
今のとこ普通に使えてます!たまに遅いけど問題なし!

市内までの行き方

SIMを買うまでに1回だけ「Taxi〜!」って声をかけられたんです。
ぼったくりの客引きかと思ってスルーしたんですけど、
ここでタクシーを頼める感じでした。笑

▲SIMを買ったカウンターのすぐ隣にあります。
左に立ってるおじさんが呼び込みしてた。スルーしてごめん。笑

写真に写ってる人みたいに、自分の行きたいとこ(ホステルの住所とか)を
見せたら、その場で料金を払います。

▲料金を払うとこんな紙をくれる。領収書的な感じ

料金払うと、係の人がタクシーの運ちゃんを呼んでくれるので
あとはその運ちゃんに連れてってもらうだけ!
ぼったくり警戒しまくってたけど、あまりにも順調にホステルに着いて
「こんなに順調にいくなんて、この先なにかあるんじゃ…」と心配になりました。笑

まとめ

実は日本と密接な関係だったラオス。
「世界一何もない首都」と言われているビエンチャンですが、本当にのどかです。笑
高いビルもなく、時間の流れがゆっくりな気がして、わたしは結構好きです。

ラオスに来た初日に、ホステルでイギリスの女の子と仲良くなって
飲みに出たんですが二人とも今日は二日酔いです。笑
「英語全然しゃべれないから緊張しちゃう」って言ったら
「全然気にしないよ!」だそうです。笑
もうひとりフランスの女の子にも言ったんですが、
「わたしもわかんないし、毎日新しい発見ばっかりだよ」って言ってました。

自分とゆっくり向き合えそうなビエンチャン。
そろそろ観光でもしてみようかなって思ったあすかでした!
またぼちぼち遡って書いていきますね!とりあえずラオスの報告でした!では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です